プロバイダ選び

プロバイダの比較ポイントを確定する

まずは「自分が何を必要とするか」を考えましょう。

 

家族で利用するからメールアドレスはたくさん必要 とか
子供がいるからセキュリティはしっかりしたい とか 

 

比較するポイントをしっかりと押さえておくことで、満足できるプロバイダを選ぶことができます。

 

プロバイダによるサービスの違いとは?

以下に、プロバイダによるサービスの違いを紹介しましょう。

 

1 - 料金

 

当たり前のことですが、プロバイダによって料金が異なります。

毎月の基本料も違いますが、フレッツ光のプロバイダパックを新規契約した際の割引額は
プロバイダによって大きく違います。

 

>> 東日本地域のプロバイダの料金

>> 西日本地域のプロバイダの料金

 

 

2 - 利用可能なメールアドレス の数

 

プロバイダによって、オプションなしで利用できるメールアドレスの数は1個~5個と幅があります。

家族で利用される方は、特にチェックしておくと良いでしょう、

 

>> メールサービス別プロバイダー比較

 

 

3 - セキュリティサービス

 

インターネットの普及とともに増加しているインターネット犯罪。

そんな危険を回避するのに必要なセキュリティサービスも、プロバイダによって違いがあります。

 

>> セキュリティ対策別 プロバイダー比較

 

 

4 - サポートサービス

 

インターネットやパソコンが苦手・・という方は、サポートサービスの内容もしっかりとチェックしておきましょう。

プロバイダによっては、平日夕方までしか対応していなかったり、携帯から繋がらないなどもあります。

当サイトでは、各プロバイダのページでそれぞれのサポートサービスについても紹介していますので、
そちらを参考にしてください。

 

>> NTT東日本(フレッツ光)へ公式ホームページへ

>> NTT西日本(フレッツ光)へ公式ホームページへ

 

 

特にコダワリがなければ、料金で決めてよし!

インターネットの品質で一番こだわるべきは速度。

でも、同じフレッツ光を使用する場合は、どのプロバイダを選んでも速度は同じです。

 

ですから、メールアドレスの数やセキュリティ、サポートなどで特にコダワリがない場合は、

料金でプロバイダ選びを行ってOK。

 

東日本地域と西日本地域では、新規契約の割引額などが多少違いますが、
どちらの地域でもASAHIネットが一番安く利用できます。

 

管理人自身のASAHIネット利用経験から言うと、
不便を感じたことは一度もありません。(インターネット速度、障害の頻度など)

 

月々の料金の違いは数百円程度ですが、何年も使えば大きな違いになります。
「迷ったら料金で選ぶ!」というのも、アリだと思います。

 

ちなみに新規申し込みのキャンペーンは、毎月のように割引額に変更があります。
長く悩んでいると損をしてしまう場合もありますので、安いうちに決めた方がよいでしょう。